その靴、足に合っていますか?

足に合った靴を履いていますか。

足に合った靴とは

☑歩いた時にかかとが浮かない
☑長時間歩いてもどこも痛くならない
☑足に角質や魚の目、巻き爪などができていない
☑ふくらはぎや脛、太ももが疲れていない
☑足の指先が硬くなっていない
☑厚くなった爪や伸びにくい爪、黒く変色した爪がない
☑小指のお腹が三角になっていない
☑小指の爪が極端に小さくなっていない
☑外反母趾や内反小趾になっていない

 

いかがでしたでしょうか。

全部当てはまる方はなかなかいらっしゃらないのでしょうか。

 

あなたのその足のお悩み、足に合った靴に変えれば改善するかもしれません。

 

足に合わない靴を履き続けると

足に合わない靴を履き続ける 痛みや違和感で足に負担の掛かる歩き方になる  → ふくらはぎや足指が使えずむくみや巻き爪の原因になる。   アーチが崩れ外反母趾や内反小趾になったり角質などができる
     
ますます靴が合わなくなる  ←  症状が悪化  ← ますます足に負担の掛かる歩き方になる  ← むくみやコリが発生した脚、アーチの崩れた足は疲れやすくなる

 

このように症状は悪化、何を履いても痛い足へと変わって行きます。

 

分かっているけど、合う靴がないからから困っている、という方

市販の靴は平均値で作られているため、足に合わなくて当然です。

人の足の形は様々で、同じ人でも左右の状態は異なります。

買った靴にインソール(靴の中敷き)も入れず、足に合わせて修正しないまま履くのは、日本人特有なんです。

スニーカーの紐を締めたまま脱ぎ履きするのも、日本独特の文化です。

日本は靴を履く歴史が浅いので、足の健康や靴に対する認識が甘く、フットケア後進国です。

フットケア先進国である欧米の国々では、市販の靴は自分の足に合うように中敷きなどで調整し、スニーカーの紐は、緩めてから履き、履いたら足にフィットさせてから締めます。

 

「足を靴に合わせる」のではなく、「靴を足に合わせる」習慣、始めませんか?

市販の靴は、単なる「サンプル」です。

 

合わない靴を合う靴に変える方法

靴にお困りの方の中には、オーダーシューズを作られたことのある方もいらっしゃると思います。

値段は高くても、足にピッタリな快適な靴が手に入るのなら魅力的ですよね。

でも、「オーダーは敷居が高い」「手持ちの靴を少しでも履きやすくしたい」「時間がない」という方には、靴にインソール(靴の中敷き)を入れることをおすすめいたします。

「中敷き」といっても、足の臭いを防ぐものや、足を保温するものなど機能は様々ですが、

足に合わない靴を少しでも合う靴に近づけたいなら、当サロンにご相談ください。

サロンでは、様々なタイプのインソールをご用意し、痛くて履けない靴を快適な靴に近付けます。

 

※ご注意
施術を受けられた方を対象に行なっておりますので、ご相談だけのご予約は承っておりません。
ご希望の方は、施術ご予約時、備考欄にご入力ください。
また、当日のご予約状況によってはお受けいただけないこともございます。

 

ご不明・ご不安な点がございましたらお気軽にお問合せください。