美脚になりたいならハイヒールは逆効果です

ハイヒールを履いていては、美脚になれません。

どんなに足が痛くて

外反母趾が辛くて

角質や魚の目ができようが

ハイヒールを履きたい方は、たくさんいらっしゃいます。

 

どうしてそんなに辛い思いをしてまで履くんですか?

とお聞きすると

 

背が低いのがコンプレックスだから

上から見下ろすと気分が良いから

 

という意見を抑え、圧倒的に多いのが

 

脚がキレイに見えるから

脚が細くなるから

というご意見です。

 

脚がキレイに見える
→止まっている時は、確かに長くキレイに見えますね。

 

でも歩くと、

ほぼ100%の方が、ひざが曲がり、腰が落ちた状態で歩いています。

とても美しいとはいえません。

 

こんな歩き方をしていたら、

ひざに肉が付き、ふくらはぎが太くなり、太ももの筋肉も逞しくなります。

ということは、

脚が細くなるどころか、かえって太くさせることになります。

 

脚線美が重要なシンクロの選手は、ハイヒールを履きません。

 

ハイヒールを履いた時の、足の状態を思い浮かべてください。

目一杯背伸びした状態のまま歩くので

ふくらはぎがぎゅっと縮まり、足首が曲がりにくい状態ですね。

ふくらはぎは、脚に下りてきた、老廃物や余分な水分を、上半身に戻してあげるポンプの役割なので、

これでは、ポンプの役割が果たせず、足はむくみ、冷えて、太くなっていきます。

それに、不安定なハイヒールを履いて歩いている方を後ろから見ると

ほとんどの方の足首は、グラグラしているので

ふくらはぎの外側、太ももの外側に、かなりの負担がかかっています。

 

負担のかかり過ぎる場所→部分的に筋肉が発達し、太くなる

使わない場所→たるんで太くなる

使い過ぎも、使わな過ぎも、脚を太くする原因です。

 

もしあなたが、美脚のためにハイヒールを履いているなら、今すぐやめて

とっておきの日だけ、短時間にしておきましょう。

そして、頑張った脚には、たっぷりメンテナンスをしてあげてくださいね。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ご不明・ご不安な点がございましたらお気軽にお問合せください。