巻き爪の治療を迷っている間に…

巻き爪の治療を迷われている方は、意外と多いんです。

 

O様は以前より巻き爪に悩んでおり、
「病院へ行ったら、爪を剝がされるのでは」と心配で、治療をためらって悪化してしまいました。

 

まず、巻き爪というのは
主に足の親指の爪の両端(または片側)が、内側に巻いて指に食い込んでしまう状態です。

悪化すると大変な痛みを伴うこともあり、炎症を起こすと医療機関の受診が必要な場合もあります。

矯正をする場合は、医療機関やフットケアサロンで行なわれることが多いのですが

医療機関でも矯正に保険は効かないので、自費です。

 

さて、O様ですが

こちらが矯正前のお写真
ちょっとお見せするのをためらう程、重症です。

「爪の両端が食い込む」
の想像を超えているかもしれません。

 

そして、初回の矯正の後
3週間後に付け替えた直後のお写真がこちらです。

比べてみると、3週間でこの違いです!

 

まだまだ痛々しいですが、痛みはほとんどないそうです。

そして、気になる施術中のお痛みは
「全くない」
そうです!
※痛みに関しては個人差が大きいのでご了承ください。

 

今回お見せしたビフォーアフター画像は
いつもにも増して痛々しいのでお見せするのを迷ったのですが

ブログをご覧いただいている方の中に、同じようなお悩みを持った方がいらっしゃるかもしれないのでお見せすることにいたしました。

 

ただでさえ痛い場所を触られるのは嫌だ
爪をはがされるのではないか心配

と思っていっらしゃる方はぜひお問い合わせください。

「もっと早く来れば良かった」
「魔法のように痛みがなくなった」
というお喜びの声をたくさんいただいております。

ひどくなる前にケアを始めた方が、痛みも少なく、矯正する際の痛みも、ほとんどなくて済みます。

実際、矯正を受けられた方で、
痛かった、という方は今までいらっしゃいません。

 

巻き爪、または、爪の両端が食い込んでいる気がする
という方は、こちらからご予約お願いいたします。

【ご注意】
※状態によってはお受けできない場合がございます。
また、今回のような重度の巻き爪は通常お受けいたしておりません。
まずはお問い合わせいただき、状態をお聞かせください。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ご不明・ご不安な点がございましたらお気軽にお問合せください。

メール
お問い合わせ・ご予約

LINE@
 LINEでトークする