キャビテーション、ラジオ波、EMSの違い

痩身エステを調べてみると、色々なマシンがあり、一体どれが効果があるのか迷ってしまいますよね。

体質や体調、目指すものによって異なるので、どれが1番効果があるかはお答え出来かねますが、サロンにはキャビテーション、ラジオ波、EMSの複合機がございます。

複合機ですので、3つの機能が1度に出力されるため、効果が大きいだけでなく、以前より短時間で施術が終了出来るようになり、お客様のご負担も大幅に減らすことが出来るようになりました。

 

ご参考までに、キャビテーション、ラジオ波、EMSの違いをお伝えします。

  キャビテーション  ラジオ波  EMS
痩せる効果

 
脂肪細胞の乳化

 〇
排出と代謝アップ

 △
筋肉の引き締め
届く範囲と温度

皮下脂肪 41度

皮下脂肪 42~45度 筋肉
体感 特になし(音がする)  深部から温まる  強いと筋肉痛に
メリット 広範囲を一気にケアできる
体が温まる。痩せる効果だけではなく体質改善も 効率よく筋肉運動が可能
デメリット マッサージが必須。届く範囲が浅い。骨伝導で音がする 痩せる効果より痩せやすい体質にする効果 単独では痩せる効果は少ない

 

キャビテーションで液体になった脂肪細胞は、体外に排出されるために順番待ちの状態になります。

代謝の悪い方、冷え性の方、むくみの強い方は、老廃物などが、リンパ管などに渋滞している状態なので、順番待ちしている脂肪細胞を早く排出させるために、ラジオ波で代謝を上げ、道を広げてあげる必要があります。

さらにEMSで筋肉に刺激を与え、寝ながら筋肉運動をすることで、美しく引き締まった体に導きます。

施術後は、運動後のようなスッキリ感と、程良い疲労感を味わっていただけますので、いつもよりしっかり水分を摂り、軽い運動をしていただけるとさらに効果的です。

 

キャビテーション・ラジオ波・EMSメニューの詳細

 

ご不明・ご不安な点がございましたらお気軽にお問合せください。